学校法人電波学園 あいち福祉医療専門学校

学生の本音座談会

入ってみて分かった学科ごとの特色と違いを、在校生どうしが本音で話し合いました。

写真 左から右:岡崎有希さん(理学療法学科)/ 那須野輔さん(作業療法学科)/ 入江結花さん(介護福祉学科)/ 鈴木文望さん(精神保健福祉学科)

いまの学科、この学校を選んだ理由は?

岡崎: 弟が理学療法士さんのお世話になることがあって、そこで理学療法士という仕事に興味を持ったんです。進学にあたって職業選びのときに、スポーツの現場に近いこともあって、興味があった理学療法士をめざす学科を選びました。

那須野: 僕も自分の弟が作業療法士さんのお世話になったことが、この作業療法学科を選んだきっかけなんです。弟は障がいを持っていたのですが、日常生活のケアなども作業療法士さんがサポートしてくれるのを見て興味を持ちました。

鈴木: 精神保健福祉学科は、クラスの半数以上が社会経験のある人なんです。私自身も一般企業に就職してから、もともと興味のあった精神保健福祉士への想いを捨てきれなく、会社を辞めて入学しました。この学校を選んだ理由は、学ぶ内容も重要でしたけど、それ以上に入学相談会などで話を聞いた先生の印象で決めた部分は大きかったです。学校選びで先生の印象は重要じゃないですか?

入江: たしかに、先生の雰囲気は印象がよかった気がします。重要ですよね。

岡崎: 入学相談会で話を聞いた先生には入学後も声をかけていただいたりで、とてもお世話になっています。授業などで大変なときなんかも先生に相談しやすいと学生生活が変わってきますよね。

那須野: この学校ではクラスごとの担任制なので、入学してからの先生との関係も重要だから、体験入学などでどんな先生がいるのかを知るといいかもしれないね。

入学して実感した大変さとやりがい

那須野: 作業療法士という仕事については、ある程度は知っていたから、技術を覚えたらできると思ってたんだけど、統計学とか生理学とかの基礎研究につながるものも学ぶ必要があって、教室で学習する内容が思ったより多くて驚いたんだけど、どうでしたか?

岡崎: 入学して最初の教科書の量にビックリ。考えたらあたり前なんだけど、理学療法の技術を学ぶだけじゃなくて、身体の仕組みや理論的裏づけなどを学ばなくてはいけなかったり、予想以上の量でした。

入江: 介護技術など学ぶところも多くて、たいへんな部分もあるけど、実習などでケアをしたときに感謝の言葉をいただいたりすると、とてもやりがいがあって充実はしてます。

鈴木: 精神保健福祉学科では、1年制ということもあるし、社会人経験者も多いから真剣さが違うかも。弱音を吐いてる暇がないです。私も、じつは静岡の自宅から新幹線で通っているのですが、学校への入学金や授業料と一緒に新幹線の定期代の領収書を机の前に飾って、自分を奮い立たせています(笑)

学びと遊びでメリハリのある学校生活

鈴木: この学校は、勉強もだけどイベントなんかも本気だよね。

入江: 入学して2ヶ月でスポーツレクリエーション大会があるけど、理学療法学科が強すぎてズルい!って思っちゃう。

岡崎: イベントの日程が、実習の合間だったりで大変なこともあるけど、スポーツが好きな子も多いからみんな真剣さが半端ない。意地でも負けないっていう雰囲気があります(笑)

鈴木: 平均年齢が高いので、精神保健福祉学科は不利なんだよね。けど、社会に出てからもう一度、学生生活を楽しんでる部分もあるからみんな楽しんで参加している。

那須野: 理学療法学科って、スポーツの経験者も多いから強くて、なかなか勝てない。けど、他の学科や学年の人と普段は接する機会も多くないから、こういうイベントがあるといいですよね。困ったときなんかも先輩などに話しやすくなると思うし。

岡崎: もちろん、学ぶときはしっかり学んで、実習なんかも大変なんだけど、こういうイベントで盛り上がるときはみんなで盛り上がれるのがこの学校のいいところだよね。普段から、和気あいあいとしたところもあって、先生なんかにも話しやすいから、何かあったら相談しやすい環境にあるんじゃないかな。

入江: 私たちの仕事は人とかかわる職業だから、こういう人との交流も大切ですよね。

鈴木: 興味のある人は、ぜひ体験入学などの参加して、実感して欲しいです。

那須野: 入学前に実習なんかに参加できると、入学してからのイメージもつきやすいから、できれば参加するといいんじゃないかなと思います。