学校法人電波学園 あいち福祉医療専門学校

働く先輩に聞く

本校で学んだことを社会で実践する卒業生に、仕事のやりがいやアドバイスを教えてもらいました。

介護福祉士

この人じゃなきゃダメだ!と思ってもらえること。
それが今の私の目標です。

早川 佳織さん(2016年卒業)
老人保健施設ウエルネス守山 勤務
名古屋市守山区

介護の仕事を選んだきっかけは、父が病気になった時に、母が介護する様子を見て、自分が専門的な知識を持っていたらもっと助けてあげられるのに!と思ったことでした。もともと、人と直接関わる仕事がしたい、人の役にたつ仕事がしたいと思っていたので、保育か介護の道を考えていました。今の職場には、学校の先輩が3人、同期が1人勤務していて、助けられながら頑張っています。何よりも大切にしていることは、コミュニケーションです。 とにかく時間があれば利用者さんと話をします。ひと言ふた言でも、視線が交わるだけでも、そういう瞬間を大切にして関わっています。学校では基本を教えてもらったので、一人ひとりの利用者さんに応用ができています。利用者さんとはもっともっと信頼関係を築いていき、いつか、この人になら話してみようかな、頼ってみようかなと思ってもらえるようになりたいです。

このページのトップへ

理学療法士

患者さんからいただく「ありがとう」の言葉が最高の幸せ。
日々やりがいを実感しています!

鈴木 琢己さん(2016年卒業)
医療法人 社団福祉会 高須病院勤務
愛知県西尾市

高須病院は、外来から入院、介護保険などを利用した通所までさまざまな患者さんのリハビリに対応しています。私は午前中に外来、午後から通所、タ方からはまた外来を担当。あらゆるステージの患者さんのリハビリを担当します。基本的に骨や筋肉に損傷のある方が多いため、あいち福祉医療専門学校で解剖学実習や機能解剖学など基礎の部分をきっちりと学べたことが今活きていると感じています。そして理学療法士は本当にいい仕事だなあと、日々やりがいを実感。例えば、何らかの原因で起き上がることさえできなかった方が歩ける ようになる。そのお手伝いができる。先日も肩に痛みがあり、服の脱ぎ着ができないと通院されていた方が、リハビリで少しずつ良くなって1ケ月後にはご自身で服が着られるようになりました。とても喜ばれて、「あなたのおかげで頑張れた。ありがとう」と声をかけていただきました。これが最高の幸せですね。

このページのトップへ

作業療法士

はじめて担当した患者さんが歩いて退院された時の姿が忘れられない!

野々山 桃子さん(2016年卒業)
あずまリハビリテーション病院 勤務
名古屋市港区

今の病院に見学に来た時の第一印象は、設備も整ってきれいで、雰囲気が良いなと思いました。実際に仕事をするようになってもその印象は変わっていません。リハビリ専門の病院で、回復期のリハビリを患者さんと一緒にメニューをこなす毎日です。先日はじめて担当した80代の患者さんが長い入院生活を終えて、笑顔で歩いて退院されました。とても嬉しい気持ちでいっぱいになりました。今でも、どうしていらっしゃるかなぁと思い出すことがあり、嬉しくもあり寂しくもあります。 まだ入職1年目なので、知識や経験が少なく、先輩方に教えてもらいながらの日々ですが、仕事が終わってからの勉強会などで懸命に学んでいます。学校を卒業しても学びの時間はずっと続いていますね。そして専門学校時代の財産といえば、今でも仲良くしている同級生です。仕事場は違いますが、お互いに励まし刺激しあっていて、卒業してからも一緒に歩んでいるような存在です。

このページのトップへ

精神保健福祉士

小さいSOSを見逃さないため、誠実に相手の話を聴くようにしています。

樹神 薫さん(2007年卒業)
もりやま総合心療病院 勤務
名古屋市守山区

この仕事を志したのは、大学卒業後、一般企業に就職した後です。不動産会社で賃貸物件の案内をしていました。事情があって保証人が立てられない人や経済的な理由により住む場所がなく困っている人が意外に多いことを知り、社会生活の支援ができる仕事について興味を持ったのがきっかけです。今は精神科病院のデイケアで働いていますが、デイケアでの仕事のやりがいは、毎日利用者さんと顔を合わせ、日々利用者さんの変化を近くで見られることです。当初はデイケア利用に消極的であった方が、継続利用することで「デイケアに来てよかった」と言ってくれたり、デイケアに通うことで生活リズムが整い病状の安定につながり、「樹神さんは僕の精神安定剤だよ」などと言ってもらえたときは本当に嬉しく、やりがいを感じました。これからも、利用者さんの小さなSOSを見逃さないよう相手の話をしっかり聴くことを心がけ、自分自身も成長していきたいと考えています。

このページのトップへ

「働く先輩に聞く!」バックナンバー
» 2016年度掲載分
» 2015年度掲載分
» 2013年度掲載分