学校法人電波学園 あいち福祉医療専門学校

在校生が語る 学科の魅力

わたしのきっかけ 「介護福祉士」の魅力

清水 由惟さん(介護福祉学科2年)

利用者様に「この人なら安心」と思っていただける介護を目指す!

実習で利用者様から「あなたがいると安心だわ」と言われた時の気持ちが、今でも深く心に残っています。安心していただける介護を提供するため、利用者様一人ひとりと深く関わり、相手の想いを汲み取っていけるような介護福祉士になりたいです。

介護福祉学科のページに戻る

わたしのきっかけ 「精神保健福祉士」の魅力

穴吹 陽奈さん(精神保健福祉学科)

「困った時や悩んだときこそ、この人に頼りたい!」
当事者の方にそう思って頂ける存在になる事が目標

大学では臨床心理学を専攻し、卒業後は一般企業に就職しました。近年では企業のメンタルヘルス問題も取り沙汰されており、その中で精神保健福祉士という資格に出会いました。
当事者の方の思いに寄り添い、その方の生活がより豊かになるよう共に悩み、考える事が出来る、そんな精神保健福祉士を目指しています。

精神保健福祉学科のページに戻る

わたしのきっかけ 「理学療法士」の魅力

大沢 逸貴さん(理学療法学科2年)

患者様に安心感を与え、信頼してもらえる理学療法士になることが目標です。

高校生の時に地元の病院で行われた医療体験に参加したのですが、そこで初めて理学療法士という仕事を知りました。指導してくださった先生のリハビリテーション技術や患者様との会話から見えた信頼関係にとても魅力を感じ、私もこの分野を目指そうと思ったのです。勉強は大変なことも多いですが、先生や仲間に支えてもらいながら本当に楽しい学生生活を送っています。

理学療法学科のページに戻る

わたしのきっかけ 「作業療法士」の魅力

三輪ひとみさん(作業療法学科1年)

趣味をリハビリに

リハビリ職に興味があり、作業療法士という仕事を知りました。身体機能面だけでなく、心理面のケアや手芸やぬりえを用いてリハビリを行います。患者さんの趣味を工夫してリハビリを行うことで少しでも楽しんでもらえるよう考えられることが魅力だと思います。今は基礎の部分を学んでいるので技術も身につけていきたいです。

作業療法学科のページに戻る