学校法人電波学園 あいち福祉医療専門学校

在校生が語る 学科の魅力

わたしのきっかけ 「介護福祉士」の魅力

東濃 映里佳さん(介護福祉学科2年)

中学校の時の職場体験に端を発し、理想の仕事を目指して。

中学校の時の職場体験で高齢者施設に行った時、友達とは全く違ったコミュニケーションが楽しくて、高校の時に進路を考える際、自然に介護の道を選びました。この学校はとにかく先生と学生の距離が近く、その印象が良くて体験入学も3回来て楽しんでしまいました。先生、友人ともに本当に恵まれていて、学びを通じて一歩ずつ大人になっている気がします。

介護福祉学科のページに戻る

わたしのきっかけ 「理学療法士」の魅力

舩本 浩史さん(理学療法学科2年)

高3の時、骨盤のゆがみが原因で左下半身に激痛が生じ歩行困難に。その時お世話になった理学療法士の方を通して、医療系の仕事に魅力を感じました。そして今、まさにその方のような理学療法士を目指して頑張っています。解剖学や運動学、内科学といった専門分野は、どれも難しく大変ですが、重要な分野なので気を抜かずしっかりと取り組んでいます。

理学療法学科のページに戻る

わたしのきっかけ 「作業療法士」の魅力

坂田 実希さん(作業療法学科2年)

患者さんが興味を持って取り組めるリハビリ提案ができる作業療法士に。

高校時代に生物学を学んだことがきっかけで人体の仕組みに興味を持ち、医療の道へ。私にとって作業療法の魅力は、一見遊びのように見える作業が実はとても大きな意味を持っていること。実際の授業では、思ったより学ぶことが多く大変な面もありますが、患者さん一人ひとりの気持ちや生活環境への配慮、興味を持って取り組めるリハビリ提案ができる作業療法士を目指し頑張っています。

作業療法学科のページに戻る

わたしのきっかけ 「精神保健福祉士」の魅力

井東 智輝さん(精神保健福祉学科2017年3月卒業)

社会でストレスを抱えている人を多く見て
自分が役立つことはないかと考えた。

大学卒業後、東京でメディア関係の仕事をしていた時、ストレスを抱えている人を多く目にしました。自分にできることはないか?と考え、この学校に進むことに。学校では先生が一人の学生と向き合ってくれて、温かみがあるなと感じています。国家試験対策だけでなく、実践的な授業なので、とても勉強になります。

精神保健福祉学科のページに戻る

在校生が語る「学科の魅力」バックナンバー
» 2017年度掲載分
» 2016年度掲載分
» 2015年度掲載分