学校法人電波学園 あいち福祉医療専門学校

内定者からのメッセージ

内定者からのメッセージ

杉本 絵衣さん (介護福祉学科 2017年3月卒業)
内定先:特別養護老人ホーム・エバーグリーン(岐阜県多治見市)

自分の介護に対する理念と合っているか?
と先生に言われて本質を考えるきっかけに。

地元で就職を考えていたので、先生から2つの施設を教えてもらい、施設見学を重ねました。
決めたポイントは、利用者さん一人ひとりに合わせて介護がなされているところでした。
先生から「自分の理念と合っているか?」と言われたことがとても重要な鍵になりました。温かくアットホームな施設で働きたいと思っていた理想にぴったりの施設です。

介護福祉学科「就職」のページに戻る

内定者からのメッセージ

辻 宗一郎さん (精神保健福祉学科2017年3月卒業)
内定先:医療法人桜桂会 犬山病院(愛知県犬山市)

先生が就職先の病院について熟知されていて
どんな質問や疑問にも答えてくださった。

大学卒業後、設計関連の仕事に就きましたが、そこでうつ病にかかっている人がいて、何かできないかと考えたのが学校に入るきっかけでした。
この学校での就職活動は、7月から本格的に動き、10月に希望に合った病院を紹介されて見学、面接。11月に内定をいただきました。
先生が病院の事を本当によくご存じなので、安心感がありました。

精神保健福祉学科「就職」のページに戻る

内定者からのメッセージ

柘植 瑞樹さん (理学療法学科2017年3月卒業)
内定先:医療法人 桂名会 木村病院(名古屋市名東区)

自身の経験も踏まえ、
患者さんの心のケアもできる理学療法士に。

中学の時、膝前十字靭帯損傷で1年くらいリハビリをしました。
その経験から、長期のリハビリで不安や焦りを抱えた患者さんの心のケアができる理学療法士になりたいと思っていました。
そのため就職先は、回復期の患者さんを中心に受け入れている病院をいくつかリストアップし、担任の先生に相談。
キャリアセンターにもバックアップしていただき、木村病院に内定をいただきました。

理学療法学科「就職」のページに戻る

内定者からのメッセージ

上銘 真由さん (作業療法学科2017年3月卒業)
内定先:医療法人 社団籐聖会 八尾総合病院(富山県富山市)

"この人となら頑張れる!"と
思っていただける作業療法士に。

学校のサポートもあり、地元の八尾総合病院に内定をいただきました。
この病院を希望したのは、あらゆるステージのリハビリに対芯している点。
さらに脳卒中発症後の心身機能障害へのアプローチは、難しいけどやりがいがあり、興味を持っていたところ、脳卒中集中リハビリセンターがあるというのも決め手でした。
今後は、患者さんから信頼され、頼りにしていただける作業療法士を目指します。

作業療法学科「就職」のページに戻る