学校法人電波学園 あいち福祉医療専門学校

在校生が語る 学科の魅力

わたしのきっかけ 「介護福祉士」の魅力

伊藤 有実さん(介護福祉学科2年)

コミュニケーション能力が
磨かれる学びの環境。

 加齢や病気などの影響で、できないことが増えてしまった方のために何か手助けをしたい。そして、その人の生きる意欲につなげることができるかもしれない。そんな想いで介護福祉士をめざしています。目標としているのは、その人が輝くことができる時間を増やせる存在になること。そのために勉強中です。本校の魅力は、学科や学年を超えた交流が盛んなこと。学校行事におけるさまざまな交流のなかで、コミュニケーション能力が磨かれていると感じました。将来、現場で他職種連携を行う際にも、きっと役立つと思います。

介護福祉学科のページに戻る

わたしのきっかけ 「理学療法士」の魅力

大澤 壱代さん(理学療法学科2年)

理解できたときの
喜びがモチベーションに。

 人が支える仕事がしたい。それが理学療法士をめざすきっかけ。今、人を楽しくさせることができる療法士を目標に勉強中です。本校の魅力は、先生と距離が近いこと。難しいと感じる授業もありますが、質問には丁寧に答えてもらえるので安心できました。時には先輩たちがアドバイスをくれたりもします。わからないことが理解できたり、新しい知識が増えていると実感でき、小さな喜びの積み重ねが、学ぶ意欲につながっていると思います。勉強以外のことも相談しやすいので、学校生活がとても楽しいです。

理学療法学科のページに戻る

わたしのきっかけ 「作業療法士」の魅力

花尻 千夏さん(作業療法学科2年)

みんなと仲良くなれる
親近感が本校らしさ。

 作業療法士をめざしたのは、人の幸せや生活の質を向上させるためのお手伝いができるから。道具や活動を通して楽しみながら治療でいるところに心が惹かれました。本校の魅力は、先生や先輩が身近に感じられること。もちろんクラスメートともすぐに仲良くなれました。だから心細さを感じることなく、勉強に取り組めます。将来の目標は、笑顔で日常生活を過ごせるようにサポートできる作業療法士です。そのためには対象者の方の心に寄り添い、しっかり気持ちを受け止められるようになることが大切だと思っています。

作業療法学科のページに戻る

わたしのきっかけ 「精神保健福祉士」の魅力

市川 要さん(精神保健福祉学科2020年3月卒業)

きめ細かなサポートと
充実した教育環境が魅力。

 以前の職種は営業でした。働くなかで、人と人を結ぶことに興味がわき、その人の人生にもかかわることができる仕事として、精神保健福祉士をめざすことにしました。本校の魅力は、充実したサポート。専門職として必要なコミュニケーション能力を磨くための教育環境も整っています。実践的は演習や実習は、学びがいがありました。将来の目標は、精神障がい者の方だけでなく、広く地域の方々に貢献できる精神保健福祉士。1年は短いです。後輩の人たちには、「今、何をすべきか」を考えながら大切に過ごしてほしいです。

精神保健福祉学科のページに戻る

在校生が語る「学科の魅力」バックナンバー
» 2017年度掲載分
» 2016年度掲載分
» 2015年度掲載分