学校法人電波学園 あいち福祉医療専門学校

理学療法学科(3年制 男女)

  • 学び
  • 実習
  • 就職

学びのポイント

  1. 講師の半数が「現役ドクター」。
    愛知医科大学医学部名誉教授をはじめとする第一線で働く現役の講師と専任教員から、日々進歩し変化する医療業界について、現状に即した具体的かつ実践的な講義や実習講義を受けることができます。講師および専任教員は勉強についてはもちろん、将来の夢や日頃の悩みなどさまざまな相談にのってくれる心強い味方です。
  2. 東海地区に実習施設が「100ヶ所以上」。
    実習の主な目的は、実際の理学療法や機器の操作方法、サポートの基本姿勢といった技術の習得。また、さまざまな人と出会いふれあうことで、教科書だけでは知ることのできない経験を得るはずです。実習後は、実習報告会で反省点を客観的に分析。新たな課題を見い出しながら次へ活かすことができます。
  3. 学習の習慣付けを行う「総合学習論」を導入。
    2013年から学習の習慣付けを目的としたカリキュラム「総合学習論」を新設。医療従事者として必要な基礎力を養うため、理解が深まるまで繰り返し指導します。基礎が固まったら段階的に予習、復習を展開し、学んだことを着実に身に付けます。学習能力が向上すれば、学ぶことがさらに楽しくなるはずです。
  4. 専任教員全員で学生をサポートするTAシステム。
    2013年度より、TA(ティーチングアシスト)制度を導入し、勉強などの問題を早期発見し、早期解決へ導きます。
  5. メディカルオンラインフリーアクセス。
    当校では教科書や図書館の文献だけでは足りない資料をメディカルオンラインの利用でサポートしています。最新の医学文献を学生が自由に検索・ダウンロードできるシステムを採っています。

画像をクリックすると、それぞれの写真についての説明が表示されます。

在校生が語る 学科の魅力

このページのトップへ

資格の取得について

質の高い3年間の学びが合格を引き寄せます。

資格取得までの流れ

幅広い種別の現場で活躍

急性期リハビリテーション
関節の拘縮予防、早期座位の保持、筋力低下の予防、早期離床
(救急病院、急性期病院)
回復期リハビリテーション
基本動作訓練、日常生活動作訓練、家族への対応、家屋の改善・リフォーム
(回復期病棟)
維持期リハビリテーション
機能維持・改善、日常生活動作の拡大、生活の質(QOL)の向上
(介護老人保健施設、デイケアセンターなど)
終末期リハビリテーション
清潔の保持、痛みの緩和、心身機能低下の予防、呼吸・経口摂取の確保、家族へのケア
(訪問看護ステーション、特別養護老人ホームなど)

このページのトップへ

カリキュラム

1年次2年次3年次
基礎分野
  • 医療倫理・死学
  • 心理学
  • 統計学
  • 情報処理
  • 生物学
  • 英語
  • 保健体育
  • 総合学習論
  • 指導技術論・接遇法
    専門基礎分野
    • 解剖学I
    • 解剖学II
    • 解剖学実習
    • 機能解剖学I
    • 機能解剖学II
    • 生理学I
    • 生理学II
    • 生理学実習
    • 運動学I
    • 運動学II
    • 人間発達学
    • 臨床心理学
    • 内科学
    • 老年学
    • 作業療法学概論
    • 言語療法学概論
    • 保健医療福祉概論
    • リハビリテーション医学
    • リハビリテーション概論
    • 整形外科学I
    • 整形外科学II
    • 神経内科学
    • 脳外科学
    • 精神医学
    • 小児科学
    • 地域医療学
    • 画像診断学
      専門分野
      • 理学療法学概論
      • 理学療法評価学I
      • 運動療法学
      • 臨床実習I(見学)
      • 臨床運動学
      • 理学療法研究法
      • 理学療法評価学II
      • 理学療法評価学III
      • 理学療法評価学実習I
      • 理学療法評価学実習II
      • 理学療法治療学I
      • 理学療法治療学II
      • 理学療法治療学III
      • 理学療法治療学IV
      • 理学療法治療学V
      • 理学療法治療学VI
      • 理学療法治療学実習I
      • 理学療法治療学実習II
      • 理学療法治療学実習III
      • 理学療法治療学実習IV
      • 義肢装具学
      • 義肢装具学実習
      • 物理療法学
      • 物理療法学実習
      • 日常生活活動学
      • 日常生活活動学実習
      • 地域理学療法学
      • 生活環境学
      • 臨床実習II(評価)
      • 理学療法治療学演習I
      • 理学療法治療学演習II
      • 臨床理学療法I
      • 臨床理学療法II
      • 臨床実習III−1(臨床)
      • 臨床実習III−2(臨床)
      時間割(1年次前期の例)
      1時限9:30-11:00 リハビリテーション概論 情報処理 機能解剖学I 運動学I 解剖学I(筋)
      2時限11:10-12:40 医療倫理・死学 保健医療福祉概論 保健体育 英語 心理学
      3時限13:30-15:00 理学療法学概論 解剖学I(骨) 解剖学実習 生物学 生理学I
      4時限15:10-16:40 統計学 HR HR リハビリテーション医学

      このページのトップへ