学校法人電波学園 あいち福祉医療専門学校

介護福祉学科(2年制 男女)

  • 学び
  • 実習
  • 就職

実習のステップ

1年次11月(10日間)
通所施設で
仕事を把握する

通所施設の利用者さんの機能訓練、食事の見守り、レクリエーションなど、介護の仕事を見学します。在宅で暮らす利用者さんとのコミュニケーションを通し、通所施設の理解を深めます。

1年次1月(10日間)
グループホームで
理解を深める

グループホーム(認知症対応型共同生活介護)の利用者さんが実際にどのような日々を過ごしているのかを見学します。認知症の方が安心できる生活を支援するための方策をコミュニケーション、見学を通して理解を深めます。

2年次5月(20日間)
日常生活の
介護を実践する

日常生活の基本的な介護を体験。職員の方に指導を受けながら、具体的な生活支援技術(介護技術)を習得します。

2年次9月(20日間)
プランを作成して
実行する

利用者さんに合わせた介護計画(個別援助計画)を作成。介護のほか、利用者さんの喜びを見い出すためのノウハウなどを学びます。

このページのトップへ

3つの特色

  • 早期から現場で学ぶ

    最初の実習は1年次2月。言葉では伝わりにくい福祉の理念や介護の理論を肌で感じることで、教科書の内容がリアルに理解できるはずです。

  • グループワークで解決

    介護の仕事はチームでの協力が重要。そこで実習は常に2~3人で動き、グループで問題を解決できる力を養います。

  • 段階的に実習を体験

    福祉施設には種別や役割によって違いがあるため、実習を段階に分けて多様な施設を体験し、自分の適性や関心を見極めます。

実習体験者の声

喜多 正喜さん(介護福祉学科 2019年3月卒業)

前向きにかかわることで、たくさんの学びを体験。

日常生活の介助実習では、利用者の方と前向きにかかわり、気持ちに寄り添った介助を心がけました。最初は緊張しましたが、経験を重ねることで技術面はもちろん、コミュニケーションもしっかり取れるようになり、心を開いてくださる利用者さんもいて少し自信も持てました。気づいたことは、利用者さんの個別性をとらえることの大切さ。授業で学んだ事例を思い返すことで、深く考える機会にもなりました。また、他職種のスタッフさんとの連携がしっかりできるようになったことには成長を感じています。

このページのトップへ

主な実習先

東海地区を中心に実習先を豊富に確保しています!

入所・通所施設

名古屋市
介護老人保健施設ウェルネス守山、特別養護老人ホームオーネスト熱田の杜、特別養護老人ホームオーネストひびの大宝、特別養護老人ホームオーネスト名西、デイサービスセンター大金、特別養護老人ホームオレンジタウン笠寺、介護老人保健施設かなやま、特別養護老人ホーム川名山荘、特別養護老人ホームさわやかの郷、デイサービスセンター三条、介護老人保健施設松和苑、サンホープ名古屋、介護老人保健施設セントラル内田橋、介護老人保健施設セントラル堀田、介護老人保健施設ちよだ、介護老人保健施設トリトン、特別養護老人ホーム南生苑、西日置フラワー園、デイサービスセンター橋本、特別養護老人ホーム二方の郷、老人保健施設みず里、介護老人保健施設瑞穂、介護老人保健施設名東、特別養護老人ホームメリーホーム大喜、むつみグリーンハウス
一宮市
介護老人保健施設サザン一宮[蟹江町]老人福祉施設カリヨンの郷
北名古屋市
介護老人保健施設洋洋園
阿久比町
特別養護老人ホーム阿久比一期一会
多治見市
特別養護老人ホームエバーグリーン

認知症対応型共同生活介護(グループホーム)

グループホームあつた荘、グループホームかがやき、グループホームかくれんぼ、きずなの里ひがし、グループホーム清里、東海橋苑グループホーム東起、グループホームはるた、グループホームオーネスト波の花、グループホーム正木の家、グループホームまりん広池、グループホーム水草、街かどケアホームゆうか、レジデンシャルケア 徳川町、グループホームグリーンハウス、グループホームよびつ木、グループホーム滝子通一丁目

このページのトップへ